前回は活性酸素について書きました。

 

 

 

では、老化や生活習慣病の原因になる

活性酸素を減らすにはどうすればよいのでしょう?

 

 

 

まず、食事やサプリメントで抗酸化物質を摂取することです。

 

日常生活で増えてしまう活性酸素に対抗するのが抗酸化力を持つ抗酸化物質です。

抗酸化力を持つものには食事からも比較的摂取しやすいビタミン類やポリフェノール、

サプリメントで効率よく摂取できるコエンザイムQ10やアルファリポ酸などがあります。

 

 

中でも最近話題になっている水素水は特に高い抗酸化力が注目を浴びています。

水素は活性酸素の中でも悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)のみを攻撃

効率的に活性酸素を除去してくれます!

 

 

 

さらに、生活習慣で活性酸素を減らしていきましょう 。

 

1、アルコールを摂りすぎない。

2、タバコを控える。

3、軽めの運動をする。

 激しい運動は呼吸量が増え、

 活性酸素を増やしてしまうことにつながるので、

 軽めのっていうのがポイントですね。

4、ストレスを溜めすぎない。

 適度なストレスは生活にハリを与えてくれますが、

 多すぎるストレスは万病のもととも言われます。

5、紫外線を避ける。

 仕事や生活習慣で紫外線を浴びてしまうことを避けられない方も、

 できる範囲のUV対策を心がけましょう。

6、食生活を見直す。

 先ほどもお話ししたビタミンやポリフェノール以外にもカテキンやβカロチン

 フラボノイドなど食事から摂取できる抗酸化物質はたくさんあります。

 野菜や果物、香辛料などバランスの良く食べることで活性酸素を減らすことができます。

 

 

 

健康的な生活習慣に気を付けて、生活習慣病の予防やアンチエイジングにもなる

活性酸素を減らす生活をはじめましょう!